心のお悩みについて

専門的な精神科への受診をお勧めする疾患

以下のお悩みについては、専門性の高い病院やクリニックで治療を受けられることをお勧め致します。

  • 統合失調症
  • 人格障害
  • アルコール依存症
  • 薬物依存症
  • 脱法ハーブ等による各種症状
  • 双極性障害
  • 躁病

統合失調症

病気の概要

「見られている」「聞かれている」といった被害妄想や、何もなくても「見える」「聞こえる」といった幻覚が現れる病気です。場合によっては自分の部屋に一人でいる時にも、誰かに見張られていたり、悪口を言われていたりする感覚を覚えることがありますので、早めに精神科での治療を受けることが重要です。

治療方法

被害妄想や幻覚を抑えるお薬を使用し、同時にカウンセリングや生活技能訓練などによって不安感を解消していきます。統合失調症の方は、学校では一学年に一人くらいはいると言われています。何となくの不安を感じることがありましたら、精神科受診をおすすめします。

人格障害

病気の概要

人格障害は、精神的な苦痛や身体的な機能障害をもたらす病気で、いくつかの種類に分類することができます。特に多いのが、他人に見捨てられるのを極度に恐れたり、自分の存在価値を否定したりする症状です。人格障害は、自覚症状によって自分が人格障害であることを認識することは多くなく、様々な症状や他の病気の治療を行っている中で発見されることがほとんどです。

治療方法

精神的な不安要素を取り除くために抗鬱剤・抗不安薬などを使用し、併せて精神療法も行っていきます。治療は長期に渡ることが多く、精神科受診をお勧めします。

社会不安障害

病気の概要

人と話す時に過度に緊張してしまったり、人前で発表する時に動悸や震えが起きたりする病気です。強い不安感や恐怖感が原因で、それを避けるために社会生活に支障が出ることもあります。

治療方法

お薬を使って症状を抑えることで社会復帰を目指し、同時に精神療法で不安を感じにくい精神状態を作っていきます。脳内のホルモンの作用が原因になっていることもありますので、まずはそういった原因を解明し、適切な治療を行うことが重要です。

tel:022-217-0855