クリッニクブログ

2015.10.29更新

昨夜は仙台市急患センターの内科当番でした。

急患センターは感染症の流行を鋭敏に察知できる施設です。

今年の正月に日勤をしたときは100人以上のインフルエンザの患者さんを診察しました。

 

さて、昨夜は・・・・・。

 

仙台市はまだまだ大丈夫ですgya

3時間半の勤務で受診された方は15名くらいで、インフルエンザやノロウイルスの感染を疑う方はいらっしゃいませんでした。

でも、これからの流行に控えて、手洗いやうがいはしっかりとしていきましょうね。

 

追記ですが・・・

急患センター夜間や休日に急に具合が悪くなった患者さんのための施設です。

・3日前から38度の熱は出ていたのに治療しなかったけれど、明日は忙しいので朝には元気になれる点滴をして下さい。

とか、

・昼間、診療所に行ったけど検査をしてもらえなかったので、精密検査をして下さい。

と、いうのは困ってしまいます。gan

昼間の病院への早めの受診、専門医への受診をお勧めします。

投稿者: からだとこころのクリニック ラポール

2015.10.28更新

今晩は19時15分より23時までクリニックのお隣の仙台市急患センターで内科(心療内科ではありません)を担当します。

 

急な体調変化の時は御受診下さいね。


 急患センターで経験したインフルエンザやノロなどの感染症の発生動向(仙台now)などは後日また。

 

投稿者: からだとこころのクリニック ラポール

2015.10.26更新

秋も深まってきましたね。

土曜日の診療後、裏磐梯に行ってきました。

今年は冬の訪れは早いようで、例年であれば今頃がピークである紅葉はすでに終わりかけていました。

五色沼の紅葉

 

今週は午前中の予約枠はほぼ埋まっており、予約なしでの診療となり、お待たせしてしまうかもしれません。

本当に申し訳ございません。午後は来院順で診療しております。

受診前にお電話頂ければ混雑状況をお知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。

 

投稿者: からだとこころのクリニック ラポール

2015.10.19更新

こんにちは、先週末山形まで足を延ばしましたが紅葉はもう少しのようです。

 

胃のあたりの痛み、吐き気、もたれ感などの症状でクリニックにいらっしゃる患者さんが沢山いらっしゃいます。

でも、その原因はさまざま。今回はこのことについてお知らせしようかなと思います。

 

胃の症状の原因は大きく分けて4つあります。

 

1、胃の粘膜の問題:胃潰瘍やひどい胃炎で胃の粘膜に傷害あったり、胃がんがあったり。

2、胃の動きの問題:食後の正常の胃は1分間に3回のの頻度で口側から十二指腸の方向に蠕動運動(ぜんどううんどう:食物を砕いて運ぶ運動)を繰り返します。この運動のリズムが崩れると症状につながります。

3、胃の知覚の問題:食事をすると胃が膨らみますが、この胃の膨らみを過敏に感じ取って、もたれ感、早期膨満感(少ししか食べていないのにお腹がいっぱいと感じてしまう)など症状がおこることがあります。

4、精神的なストレスが大きい場合:最終的に胃の症状として認識する部位は脳です。ストレスで脳が疲れていると胃自体に問題はなくても胃のあたりの症状を感じてしまうことがあります。

 

原因によって治療法は異なってきます。

この4つうちどれが、あるいはどの組み合わせで症状がおこっているのかを判断して治療をすすめています。

 

今度は少し軟らかい話も書いていきたいと思います。

投稿者: からだとこころのクリニック ラポール

2015.10.13更新

体育の日も終わり、徐々に秋も深まってきましたね。

今朝のニュースで東京や北海道でインフルエンザの流行が始まったようです。

当院でもインフルエンザの予防接種を行っています。

10月終わりから11月初めに接種をとアナウンスしてまいりましたが、もう少し早い接種でも

良いような状況です。

 

昨年までA型ウイルス2種類、B型ウイルス1種類に対応する3価ワクチンでしたが、

今年はA型ウイルス2種類、B型ウイルス2種類に対応する4価ワクチンに変更なっております。

 

このため薬剤価格が1.5倍に値上がりしています。

接種料も昨年よりは値上げせざるを得ない状況であることをお許しください。

 

それでは一週間健康に留意して頑張りましょうね。

投稿者: からだとこころのクリニック ラポール

2015.10.05更新

こんにちは

朝晩の寒さが増しましたが、体調はかわりないでしょうか?

 

時々診察室で「心療内科と精神科の違いって何ですか?」「心療内科で治らないと精神科になるんですか?」

と、質問されることがあります。

心療内科は「心を治療する診療科」ではなく、「心理療法も治療法の一つとして用いる内科」なのです。

つまり法内科を略して心療内科なのです。。

 

例えばしばしば下痢をする人がいます。

食事の内容や整腸剤を飲むことで良くなれば、これは普通の内科の治療で大丈夫です。

でも、仕事に行く時だけとか、電車に乗った時に決まって下痢をして、下痢止めがあまり効かない方も少なくありません。

この場合、会社に下痢を起こさせるストレスはないかとか、電車に乗る時の緊張感はないかとか等々、

精神的な部分の分析を行って、患者さんと解決の方法を探っていくような治療を行っていきます。

 

何となく心療内科のイメージがつかめましたでしょうか?

他の病気に関しても、折をみて説明していきたいと思います。

 

投稿者: からだとこころのクリニック ラポール

2015.10.02更新

皆さん こんにちは

 爆弾低気圧の被害はほとんどなく、すがすがしい秋晴れの一日でしたね。

今日は現在の場所にクリニックが移転して2周年の日にあたります。

ちょうどそんなに日に新しいクリニックのホームページが出来上がりました。

受診した時に感想を聞かせて頂けると嬉しいです。

医療情報や日々雑感を書いていきたいなと思います。

 

 10月からインフルエンザの予防接種を開始いたしました。

10月下旬から11月中旬までに接種されることをお勧めします。

 

 それではよろしくお願いいたします。

                  佐竹 学

投稿者: からだとこころのクリニック ラポール

tel:022-217-0855